以下のシステム要件に準拠する必要があります。

リソース 要件
CPU
  • 1 GHz以上(ビデオや画面監視/記録機能を使わない場合)
  • Core i3 / 5 / 7(ビデオや画面監視/記録機能を使う場合)
メモリ
  • 2 GB以上
CPU
  • TCP / IPネットワーク必須(有線LANを推奨)
  • 音声帯域幅:100 Kbps(G.711)、32 Kbps(G.729)[1]
  • 画面監視帯域幅(概算)400 Kbps [2]
  • 画面記録帯域幅(概算)400 Kbps [3]
  • ビデオ通話帯域幅(概算)600 Kbps
  • アウトバウンドファイアウォールはTCPポート80(HTTP)、443および8443(HTTPS)、8444(HTTP)、8445(HTTPS)を開く[4] [5]
  • RTP、UDPのポートは40,000から65,535の範囲で動的割当
  • SIPシグナリング用にアウトバウンドファイアウォールUDPポート5080を開く
  • SIPソフトフォン用にクライアントPCでUDPポート5060を開く[6]。
  • UDPパケットに適したQoSルーター設定
  • クライアント上でRTPおよびSIP用QoSパケット優先順位ポリシー推奨
  • ルーター/ファイアウォールALG / SIPパケット検査無効
  • ネットワーク待ち時間 < 65ミリ秒の往復(VoIP使用時)[7]
  • • ジッター < 20ミリ秒、パケットロス < 2%[8]
ヘッドセット
  • USB接続のプロフェッショナルシリーズヘッドセット
  • 推奨モデル:
    • Plantronics EncorePro 500シリーズ
    • Jabra Biz 2300シリーズ
    • Sennheiser SC 230/260 USBシリーズ
    • Logitech H650e
オペレーティングシステム
  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1
  • Windows10
  • Mac OS X 10.10以降
ブラウザ
  • Google Chrome 47以降(Windows OSに推奨)
  • Mozilla Firefox 43以降(Mac OSに推奨)
  • Internet Explorer 10(Windows 7のみ)
  • Internet Explorer 11以降(Windows 7、8、10)[9] [10]
  • Safari 8以降(Mac OS X)
その他の要件と留意事項
リソース 要件
IPバージョン IPv4
ハードフォン(使用している場合) 可能ならPower over Ethernet対応のSIP VoIP電話(推奨モデル:Polycom SoundPoint IPシリーズ)
FTPサーバー FileZilla、Bitvise SSH、Microsoft WindowsデフォルトFTPサーバー、OS X内蔵SFTPでテスト済み
電子メールサーバー Postfix / Dovecot、Google.com、Yahoo.com、Outlook.com、Mail.ru、Yandex.ruでテスト済み
  1. クライアント側において729コーデックはハードフォンでのみサポートされています。
  2. 帯域幅は、画面の数、解像度、明度の変化、およびその他の要因によって大きく異なります。この概算は、典型的なオフィスPC 1200 x 1600の画面解像度を持つ一画面のPCを想定して算出しています。
  3. 前項参照
  4. デフォルトではHTTPSは8445で有効になり、HTTPは8444で有効になります(HTTPSがない場合に限る)。エージェントサーバーのデフォルト設定テンプレートは、8445のHTTPSのみ可能です(安全でないHTTPは不可)。
  5. Nginxもしくは他のリバースプロキシがサーバー側にデプロイされている場合、ポートは必要ありません。インターネットに直接アクセスできない、かつブラウザの設定でアウトバウンドHTTPプロキシを設定している場合、一部のAgent Desktop Helper機能を使用できないことがあります。
  6. SIPソフトフォン機能を実装しているAgent Desktop Helperアプリケーションは、OSがWindowsの場合インストール中にこのポートを自動的に開こうとします。サードパーティのファイアウォールをご使用の際は、ポートを手動で開く必要があります。
  7. 150ミリ秒を超える待ち時間は許容不可です。
  8. Agent Desktop Helperアプリケーションは、実際のジッターとパケット損失値を定期的に閾値と比較します。閾値を超えると、エージェントデスクトップはログインユーザーに以下のテキストを表示します。「音声品質の問題が検出されましたネットワーク接続を確認してください。」メトリック値が正常に戻ると、メッセージは自動的に消えます。メッセージ表示の最小時間は5秒です。
  9. すべてのエージェントデスクトップアプリケーションの記録が同じフォルダ(C:\users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp\logs)に表示されるようにするには、ブラウザの拡張保護モードを無効にする必要があります。拡張保護モードを無効にするには:(1)[ツール](Alt + X)メニューから[インターネットオプション ]を選択します。(2)[詳細設定 ]タブをクリックし、[セキュリティ]設定の[拡張保護モードを有効にする]チェックボックスをオフにします。(3)OKをクリックします。
  10. Microsoft EdgeブラウザはAgent Desktop Helperアプリケーションなどの拡張機能をサポートしていないため、エージェントデスクトップアプリケーションには使用できません。