Bright Pattern Contact Center の新しい4つの資料が資料ライブラリーに追加されました。以下のボタンをクリックして、資料をご請求ください。

資料請求ページへ

新しく追加された資料

1.コールセンター環境における高可用性およびフォールトトレランス

カスタマーエクスペリエンスで要となるコンタクトセンターにおいて、高可用性(サービス利用不可の状態、またはダウンタイムの最小化)やフォー
ルト トレランス(システムの一部に不具合が発生した際にサービスが継続して利用できること)は大変重要です。このホワイトペーパーでは、Bright Patternがどのようにコンタクトセンターの問題に対処したか、11の視点でご紹介します。

2.シンプルなテレフォニーからリッチコンタクトエクスペリエンスへ

時代と共に、人々の連絡手段は変化してきました。同時に、企業が顧客とコンタクトをとる方法も変わってきました。そこで、企業・顧客間コミュニケーションの変遷、関連技術、およびそうした技術的変化がユーザーやリソースにもたらした需要について概観します。

3.エージェントを業務に没頭させる方法

エージェントも人間です。しかし、一度に複数のやり取りをすることにより、効率的にコンタクトセンターを運営することが求められています。エージェントキャパシティモデルによる、単一エージェントに対する複数のマルチチャネルインタラクションのルーティングを用いて、それを可能にするコンタクトセンターの仕組みをご覧ください。

4.エージェントフォーカス-エージェントは何に集中しているか

「エージェントフォーカス」はコンタクトセンターの業務効率を向上させます。では、「エージェントフォーカス」とはなんでしょうか。このホワイトペーパーでは、その概念を紹介し、インタラクションの各時点でエージェントが行っている事柄、応対している客層、そして採用しているチャネルについて考慮します。さらに、主要なパフォーマンスメトリクスについても考察しています。

資料請求ページへ