リアルタイムレポートで
重要な情報を迅速にキャッチ

オムニチャネルのヒストリカルレポートで
すべての履歴を横断的に検索・分析

 

スーパーバイザ・リアルタイムダッシュボード

スーパーバイザは、アサインされたキュー、キャンペーン、チーム、オペレータに関する統計情報、アラート、アクションをリアルタイムですばやく表示できます。

オペレータのパフォーマンスや処理中の対話の数、キュー内で待機している顧客の数など、スーパーバイザが必要とする情報を常に把握しておくことができます。

リアルタイムで見れるのと同じデータが、ヒストリカルレポート用に保存され、あとから検索、ソート、エクスポートして閲覧することができます。

スーパーバイザは自分のリアルタイムダッシュボードの表示をカスタマイズすることも可能です。

カスタマイズ可能な「ウォールボード」

ウォールボードでは、オペレータやチーム、スーパーバイザが必要とするリアルタイムの統計、アラート、アクション、キュー、キャンペーンといった情報を自由にレイアウトして表示できます。例えば、待機中の顧客数、チーム内のオペレータの誰がビジー状態で、次に空きそうなオペレータは誰か、といった情報をまとめて表示できます。

ウォールボードの編集権限があるオペレータやスーパーバイザは、ウォールボード内のレイアウトやウィジェット、データなどを変更できます。クリック&ドラッグ、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、ウィジェットやデータの追加、編集が可能です。編集したウォールボードを公開してシェアすることも、個人用にすることもできます。

オムニチャネルレポート

チャネルを横断したすべての問い合わせ履歴と、関連する統計情報の詳細データが利用できます。音声、メール、チャットの問い合わせ履歴を、様々な条件で検索できます。

オムニチャネルレポートは、キャンペーン結果の分析、問い合わせ履歴の検索、関連する音声通話録音やチャット履歴のレビュー、音声通話の評価、オペレータの返信メールのチェックを行うのに役立ちます。

レポートはCSV形式などでエクスポート、共有が可能です。エクスポートのスケジュールをあらかじめ設定しておくこともできます。

 

見やすく整理されたレポート表示

レポート・ビルダー

ドラッグ&ドロップで、レポートの各テーブルに表示する列を選択したり、結果のデータセットを保存およびスケジューリングするなど、レポートの表示をカスタマイズできます。

定期配信とアドホックレポート

特定の用途のためにパラメータを設定して一度限りのレポートを実行することも、あるいはプリセット値を使用して、メールやFTP経由でのレポートの定期配信をスケジュールすることも可能です。

レポートのダウンロード

レポートを表示した状態で、PDF、エクセル、CSV、テキストなど好きなフォーマットでダウンロードできます。

サードパーティーのアナリティクスとの連携

Tableau、Amazon Quicksight、Zoho Reports、Google Data Studio、Zoomdataなどのデータを扱うことが可能です。