自社サイトを訪問したお客様が困っているとき、すぐに解決して喜んでいただきたい。そんな思い実現するのがWebチャットです。

Bright PatternのWebチャットなら、チャットボット(AI)だけで自動応答する運用や、必要な場合にチャットボットからオペレータにエスカレーションする、ボットと有人チャットとの相互運用が可能です。

Bright PatternのWebチャットは、スニペットを貼るだけで簡単に自社サイトに導入できます。チャットの 画面UI は自由にカスタマイズできます。

オムニチャネル機能により、チャットからの問い合わせ情報も、電話やメールなどの他のチャネルからの問い合わせ履歴、顧客情報とマージして、一元管理できます。

実際のチャットでのやり取りを動画でご覧ください。

3歩先のチャットサポート

1.簡単な設定で繰り返されるやり取りを自動化

例えば、名前やメールアドレスの記入までを自動化し、入力確認後にチャットオペレーターへつなぐ、といった設定ができます。

回答によって次に表示する文言を切り替える、といったことも可能です。

シナリオビルダーを使って、自由度の高いカスタマイズができ、自社に合ったチャットの運用フローが出来上がります。

2.オペレータがAIによって迅速に回答

オペレータは、チャット開始時に顧客の現在の閲覧ページが分かるため、「どのページで訪問者が疑問を抱えているのか」すぐに判断することができます。

また、チャットの途中で、同一画面上からナレッジベースにアクセスし、解決済みの回答や、参照資料、回答テンプレートなどを見つけることができます。

AIは高度なコンテンツ分析とキーワード抽出により、オペレータに適切な回答をサジェストします。

AIが複数の回答例を提案

3.最適なオペレータへとつなぐインテリジェント・ルーティング

自然言語理解、お客様情報の識別、オペレータ・スキルベースのルーティングにより、単に「空いている」オペレータではなく、「サイト訪問者に最適な」オペレータが誰かを自動的に判別し接続します。

「あったらいいな」と思う機能があります

複数のチャットに同時に対応できる

複数のチャットを並行して、一人のオペレータが対応することもできます。チャットでの反応がすぐにない場合などに役立ちます。

チャットの最後にフィードバック表示

チャット終了後すぐに、アンケート形式でお客様に評価していただけます。新鮮なフィードバック情報を応対品質管理に生かせます。

オペレーター不在時の表示設定

何らかの理由でオペレータがチャットに応対できない場合に表示するメッセージをカスタマイズできます。

チャット内で画像共有ができる

チャット内ではテキストに限らず、画像の送受信ができます。オペレータとお客様双方の理解を助けるのに役立ちます。

プロアクティブチャットでこちらから会話

サイト訪問者に「何かお困りではありませんか?」と、こちらからチャットで話しかけることで、顧客エンゲージメントを高めます。

他チャネルとまとめて管理できる

オペレータは、チャット、電話やメールなど、全チャネルをまとめて一つの画面で管理できます。作業効率が上がります。

ボット、AI連携でさらに信頼性とスピード感のあるサポートを

訪問者の行動をインサイトに

AIによる感情分析やコンテンツ分析により、顧客が求めていることのインサイトが得られます。

AIによる回答のサジェスト

コンテンツの詳細な分析とキーワードの抽出により、適切な回答をボットがオペレータにサジェストします。

ボットから有人へのエスカレーション

チャットボットには、簡単でよくある問い合わせの回答をお任せ。ボットによる解決が難しい場合には、オペレータにチャットを引き継ぐことができます。 チャットだけでなく、オペレータのコールやビデオチャットにも、接続を中断することなくシームレスにエスカレーションします。

問い合わせチャネルについてさらに詳しく