初期設定不要でシームレスな連携

Bright Pattern では、SalesforceやZendesk、Oracle Service Cloudなど、コールセンターでCTI連携される主要なCRMとシームレスで柔軟な連携が可能です。

Bright Pattern の画面内にCRMをインテグレートすることも、Bright Pattern の画面上にCRMをポップアップさせることも、CRMシステムの画面にBright Pattern の機能を追加することも、コールセンターの現場の使いやすさを優先した使い方ができます。

また、一つの画面上に複数のCRMやシステムから「必要な情報」だけを抽出して、統合した画面を作成することも可能です。

Zendeskとのインテグレーション

  • シングルサインオン
  • シナリオから Zendesk データにアクセス
  • シナリオから Zendesk のオブジェクトを作成またはアップデート
  • スクリーンポップアップ
  • Zendesk のケース履歴の一部として通話とチャットの詳細を伝える
  • チャットのトランスクリプションや記録の URL を含む

ZendeskにBright Pattern をインテグレーション

Zendeskの中にBright Patternの機能を組み込むことができます。

WEBからのチャットに対応。メールアドレス等を元に認証後、これまでのZendesk上でのチケットを左側に表示します。

Zendesk上でのデータの更新

チャットセッション終了後、テキストの内容をZendesk側に保存、タグ付けなどをしてチケットを更新することで、常に情報を最新のものにマージできます。

salesforceとのインテグレーション

  • salesforceの中にBright Patternの機能を組み込めます。
  • このウィンドウは最小化など自由に表示を変更できます。

新規客の問い合わせの場合

  • お客様がWEBからチャットで問い合わせ。メールアドレスなどの個人情報と一緒に送信。
  • お客様が既存顧客でない場合、新しいケースとして入力する画面が左側に表示されます。

既存客からの問い合わせの場合

  • チャットで問い合わせのあったお客様が既存顧客だった場合には、チャットなどのアクティビティが自動的に保存され、salesforce側にコンタクトの履歴が任意のIDと共に保存されます。
  • 前画面に表示されていた、保存された履歴IDをクリックすると、紐づけられた詳細を観ることができます。
  • 登録された電話番号をクリックして、架電することもできます。
  • 詳細画面で生成されたリンクをクリックすると録音データを聞くこともできます。

インテグレーション機能

  • シングル サインオン
  • シナリオからのデータ アクセス(SOSL および SOQL クエリー両方)
  • 画面ポップアップ
  • カスタム フィールドを含んだアクティビティレコード
  • 統合レポート

Salesforceとの連携概要動画

salesforce Sales Cloudとのインテグレーション

  • Bright Pattern の機能ウィンドウがフローティングウィンドウになっているのが特徴です。
  • salesforceにインテグレートした場合と、機能に違いはありません。

Oracle Service Cloudとのインテグレーション

  • シングルサインオン
  • シナリオから RightNow データにアクセス
  • シナリオから RightNow のオブジェクトを作成またはアップデート
  • スクリーンポップアップ
  • RightNow のケース履歴の一部として通話とチャットの詳細を伝える