アウトバウンドダイヤリングの自動化により、アウトバウンドダイヤル中のエージェントの生産性が向上します。

Bright Pattern は、プレディレクティブ、プレビュー、そして自動ダイヤルモードに対応しています。リスト管理機能は、フィルタリング、承諾期限、自動インポート・エクスポート他、様々な機能に対応しています。キャンペーンオペレーターダッシュボードを通して、リアルタイムで実施キャンペーンのモニタリングおよび管理を行うことができます。

全てのアウトバウンドに対応​

プレディクティブ、プレビュー、プログレッシブ、および手動プレビューモードにより、キャンペーンオペレータは、ダイヤラを調整できます。

既存リストのソートとフィルタリング

並べ替えやフィルタリングによるリストの微調整により、効率を最大化し、複数のコールセンターの操作を行う、キャンペーン間でレコードを移動する、ホットリードの優先順位を付けるなどの対応が可能です。

最適な時間をお知らせ

地域ごとの回答率やコンプライアンスに基づいた最適なコール時間をCRMに記録されている地域と郵便番号にリンクさせることができ、効果的かつ、法的に禁じられている時間にコールするリスクを避けてコールすることができます。

正確な分析とマシンによる応答の検出

留守番電話または通話相手がいつ電話をとったかを自動的に検出し、メッセージを残すか、オペレーターに接続するかを自動的に判断します

正しい連絡先リストの使用

許可を得ているお客様に対するプレディクティブコールでは、 オペレーターは効率的にコールすることができ、放棄呼を減少させる事ができます。

動的な発信先指定

ターゲットに近い地域の電話番号からコールした際に、コールの応答率を高める事ができます。そのための発信者ID(電話番号)は自動的に指定されるか、またはリストレコードごとに定義する事ができます。

Bright Pattern のプレディクティブダイヤラーで
生産性を劇的に向上

Bright Pattern のプレディクティブダイヤラーは、過去のデータから収集された様々な要素と、コール決定後に予測される要素を考慮して、アウトバウンドオペレータの稼働時間を最大化するユニークな高性能予測アルゴリズムを備えています。

 約15人のオペレータプールサイズで稼働し、1%近くの成功率を表示した場合でも、ダイヤラーは85%の占有率を達成することができます

カスタマイズ可能な
キャンペーンオペレータ用ダッシュボード

キャンペーンオペレータは、自分の好みやニーズに合わせてダッシュボードをカスタマイズでき、リアルタイムの表示、エージェントの統計情報、処理数、キャンペーンリストの状態などを把握することができます。 

必要に応じて、対話のモニタリングと評価、キャンペーンの開始と停止、リストの有効化と無効化、チームメンバーの追加または削除、といった作業を行うことができます

豊富なデバイス選択肢

Webベースのオペレータ画面に組み込まれているソフトフォンから、常時接続の有線接続まで、さまざまなオペレータ接続オプションが選択可能です。

柔軟なキャンペーンのスケジュール設定

1つのキャンペーンの結果を別のキャンペーンに取り込んだり、リストのインポートやキャンペーンの結果のエクスポート(録音ファイルつき)のスケジュールを設定したりできます。 

特定の時間帯に別々のキャンペーンを定期的に実行することも、異なる日付に実行することもできます。また、特定のキャンペーンを特定の日時に開始または停止することも可能です。

Salesforce その他のCRMとのインテグレーション

Salesforce CRMとの統合により、クリック・トゥ・コールと、Salesforceからの情報をオペレータ画面上にポップアップ表示できます。 

Salesforceとのインテグレーション機能はBright Patternに組み込まれているため、導入時に高価で時間のかかる統合作業を行う必要はありません。

Bright PatternのAPIにより、他のサードパーティのCRMやリード管理システムとも簡単に統合することができます。 

コンプライアンス順守

Bright Patternは複数の「コール不可」リスト保持することができ、リストには顧客ごと、または企業ごとに電話番号を追加できます。 

ドロップされたコール統計情報がリアルタイムで利用でき、古くなったオプトインレコードは自動的に除外することができます。 

通話を暗号化して記録することもできます。

また、「ドロップコール」タイマーを設定して、3秒のしきい値に確実に準拠させることができます。